ブルーベリー栽培へのこだわり

安心安全な無農薬栽培

摘んだブルーベリーをその場でそのまま食べたい!
だから、私たちは安心安全の無農薬栽培にこだわり続けています。
大切な人に私たちの大切な自慢のブルーベリーを食べてほしいから・・・
時間は無制限、たらふくWacca のブルーベリーを堪能してください!!

安全・安心の無農薬栽培
30品種以上のブルーベリー
時間は無制限

ブルーベリー狩り、予約受付中!


ブルーベリー 栽培

Point 1 美味しいだけじゃない

安全・安心の無農薬栽培

「果実の栽培は無農薬は不可能!」というのが日本の農業の常識なわけですが、本当にそうでしょうか?
農業の素人だからこそ常識も知らない私たち。

ブルーベリーの天敵は根っこを蝕むコガネムシやカミキリムシの幼虫、新芽の養分を吸い尽くすアブラムシ、枝葉を容赦なく食べ尽くすチャドクガの幼虫の毛虫、根っこの周りに巣くって木を弱らせるアリ、などの害虫が沢山います。

また、目には見えない菌で感染していく病気には、灰色かび病、うどんこ病、さび病、枝枯れ病、などの感染症があります。

また、ここ黒川には害獣ネットも突き破る猪や、ネットを飛び越えて新芽を食い尽くす鹿、ネットを食いちぎって果実を食い尽くすタヌキ、潅水ホースやチューブを食いちぎるアライグマやハクビシン、果実が大好物のアナグマ、ネットの上から侵入する猿、防草シートの下で穴を掘りまくるモグラなどといった害獣にも狙われています。

そして、四方を山々に囲まれた畑には雑草の種が飛び交い雑草との戦い。もちろん、自然と共存を目指す中でどうにもならないものもありますが農薬を使えばとってもラクに抑えられるものも多いわけです。

それでも、私たちは農薬に頼らない農法に挑戦しています。我が子にそのまま食べていいよ、と言える安心と安全のために、今日もヤツらと闘っています。

Point 2 食べ比べてみよう!

30品種以上のブルーベリー

ブルーベリーと言えば海外産が主流で、なんとなくブルーベリーの風味はしても甘味や酸味といった果実の美味しさを味わったことはありませんでした。

ところが、近年では国内での栽培も増え、美味しい国産ブルーベリーが並ぶスーパーも増えてきました。それでも1パック100gほどのブルーベリー、ちびちび食べていました。

だから「美味しいブルーベリーをたらふく食べてみたい!」という自分の願望を叶えるべく、大好物のブルーベリー狩りができる農園を作りました。

実はブルーベリーは品種が多く200種類程もあります。その中でも私たちのお気に入りの30種類の品種を植えました。
ぜひ一度食べ比べてみてください!品種によって面白いほど味や風味や質感が違うのです。そして、お気に入り品種が見つかったらこっそり教えてくださいね♪

おすすめの食べ方は、口いっぱいにブルーベリーを頬張る贅沢大人食べ!ここでしかできない体験をどうぞ☆

Point 3 大切な人との共有体験

時間は無制限

果樹狩りはたいてい30分、60分という時間制で楽しむわけですが、私はどうもあの気忙しさが苦手です。

もちろん、目的は果樹狩りなので時間内におなかいっぱいに食べられれば満足になるかもしれません。でも、私は果実も摘み取りたいし、たらふく食べたい、おしゃべりもしたいし、子どもたちがはしゃぐ様子も見ていたい、園内もくまなく見てまわりたいし、品種の違いも味わいたい。欲張りですが、時間を制限されるとそんな余裕もなく無言で食べるしかなくなってしまいます。

だから、Wacca では時間を決めていません。果実を狩りながら、里山の風景も愉しんでほしいし、川のせせらぎや野鳥の声も聴いてほしいし、可愛い子どもの表情も見てほしい。なによりお母さんやお父さんには子どもに食べさせるのに必死なだけじゃなく、自分もたらふく食べてほしい!もう、当分ブルーベリーいらんわ!となるまで‥(笑)

そんなふうに、大好きな人と共有する体験や時間がなにより幸せだな、と思うから。今しかできない体験をさせてあげたいと思うから・・・